クレジットカード審査の最近のブログ記事

クレジットカードの審査基準はクレジットカードの種類やクレジットカードを発行している会社によって変わってくることは以前お話した。

俗にいわれる、審査が甘いクレジットカードは、そういった審査基準の違いによって、審査に通る可能性が高いクレジットカードがあるために使われている表現だが...

一般に、消費者金融系のクレジットカードは、審査に通りやすい、審査が甘い、審査が緩いといった表現をよくされる。アコムが発行するアコムマスターカードも例外ではない。

acommastercard-shinsa.jpg

確かに、パートやアルバイトで一定の収入があれば、主婦でも申し込みが可能といわれているところなど、他のカード会社とは少し審査基準が異っている。

アコムマスターカードの審査についは、当然ながらアコムが行っている。まず、アコムのホームページを見ると、『3秒診断』という、アコム独自の審査方法が行われている。

この3秒診断による審査に通ったからといっても、アコムマスターカードの申し込みをすれば発行できるわけではなく、一部の内容だけを審査するもの、要は本審査の前の仮審査というスタンスとなる。

そのため、3秒診断を行って審査が通っても、本審査で行う信用情報の内容等によっては審査に落ちて、アコムマスターカードを発行してもらえないことがあるわけだ。

それなら何故、3秒診断を行っているのか?それは、無駄な本審査を行わないようにするためだ。3秒診断の審査段階で落ちるようでは、絶対に本審査に通ることはない。

本審査を行う際は、信用情報機関に信用情報を照会されたり、アコム独自の審査項目に沿って審査が行われていくため、できるだけ最短の審査で済まさせるという意図があるようだ。

では、アコムマスターカードの本審査はどれくらいかかるのか?アコムに限らず、消費者金融はスピーディ審査がウリなので、大半の場合、即日で本審査の結果が出るようになっている。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクレジットカード審査カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはクレジットカード審査基準です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。